社員インタビュー

一緒に働くメンバー

Fleekdriveは、服装もコミュニケーションもかなりフランクで自由。
メンバーのスキル・個性はバラバラですが、むしろそれが相乗効果を生み出しています。
元気と明るさをベースに、多様性を大事にしたチーム作りをしていきたいと考えています。

カスタマーサービス部

K.Kato

いままでの営業とカスタマーサクセスの経験を活かしつつ、自分の成長と会社の成長がリンクができるような会社にいきたいと思い、転職しました。
私はカスタマーサポート担当のため、契約してくれた顧客とサービスを守り続けていきたいと思っています。顧客からの問い合わせそのものを減らして、ストレスの軽減も目指しています。

現在はチームメンバー3人で仕組み作りも行っています。様々なことをブレストしながらチームワークで結果をだせるようにしたい。特にサポートチームは色んな立場の方のことを考えながら対応するため、大変なことも多くありますが、チームメンバーには絶対的な信頼があります。その信頼があるからこそ、いつも最適な対応ができています。

カスタマーサクセス部

K.Ikeda

通信業界で法人営業を担当後、クラウドサービスと、この会社に大きな可能性を感じ転職しました。カスタマーサクセス向上のために、顧客への案内の仕方やデータを分析しチームで改善点を見つけて提案をしていきます。チームメンバーで協力し合い、気遣い、支え合い、最適な提案を模索しています。

顧客のオンボーディングは今後もテクノロジーを活用しながらも、ファン作りもしていきたいですね。社内だけでなく、顧客も、みんなを巻き込みながら盛り上げていきたいと思っています。

サービス開発部

H.Omoto

SESを経て自社サービスが開発したいと思い入社しました。今は新サービスの設計と開発をしていますが、SESの時とは違った大変さと、やりがいを感じています。意味不明なバグに遭遇して解決できた時の楽しさや、それを解決するための提案の幅も大きく違いますね。

今の会社は、混ざりあっていない絵の具のような感じです。ここからどんな色にもなれるので、これからが大事ですね。受け身になりすぎない人と、一体感を持ちながら一緒に働きたいです。

サービス開発部

C.Breu

ドイツの大学を卒業し、日本にきて3年になります。もともと日本が好きでプログラミングが好きだったためエンジニアになりました。
本格的にプログラミングがしたいと思うのと同時に、これからのびていく会社でいろんなことを経験したいと思っていたためFleekdriveに入社しました。

チーム内では意見交換もでき、開発についての議論や相談もできます。
今は新サービスの開発が楽しく、大きなモチベーションになっています。オープンな性格で早く結論を出すことよりも、正確なことが好きな方と一緒に開発をしたいと思っています。